播州織とは

州織とは糸を先に染め上げ、その染まった糸を使用して
機織り機で様々な模様(チェック・ストライプ等)に織りあげる「先染め織物」のことです。
その昔、寛政4年に西脇市の工匠が京都の西陣織から持ち帰った技術と、
播州地域在来の技術とを融合させたのがはじまりと言われており、約200年の歴史があります。
綿織物を中心とした天然繊維ならではのやさしい触感と、播州地方の清流から生み出す
染色の技術とを組み合わせたやわらかな風合いが特徴的です。
播州織は主にシャツやハンカチ、ストール等の製品として
先染め織物の高い全国シェアをほこっています。